Contact us

Brand new dayへのお問い合わせ、ご意見、ご希望などは下記で承っております。

About us

Brand new day
代表 横地由起子

京都生まれ。
大学卒業後の1989年、京都府内の地域上映・映画配給を担う(株)京都映画センターへ入社。府内各地域での自主上映のための映画配給業務や、主に京都市内の小学校〜高校へ映写機とフィルムを携えて子どもたちに映画を届ける学校上映など、非劇場での映画上映に携わる。
のちに(株)シネマ・ワークへ移籍し全国の劇場、非劇場への配給に関わり、1995年に同社が製作し公開された映画「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」では製作デスクとして参加、その後の上映活動にも関わる。
以降、東宝公楽、美松劇場、京都朝日シネマなどのロードショー館、アート系映画館での映画館業務の経験を積み、2004年12月に開館した京都シネマの設立に参加。2018年5月まで、同館で支配人を務め、番組編成などを担当。多数の国内外の秀作を上映、作り手たちとの交流も積極的に行う。また、ぴあフィルムフェスティバル、京都国際学生映画祭などの映画祭企画や、大学で映像を学ぶ学生たちの作品上映展をサポート。2005年から2013年まで京都芸術大学、京都精華大学、嵯峨美術大学、京都市立芸術大学、大阪成蹊大学などとの上映展で、多くの学生作品の一般公開に貢献。
2018年退社後、2019年2月に独立し“やってみたいことに挑戦するために”「Brand new day」を設立。
2020年、“やってみたかった企画”を立ち上げ、本格的に活動を開始した。