バウハウス100年映画祭
at京都文化博物館
トークイベント

2020年11月21日(土)
@京都文化博物館フィルムシアター

  B program「バウハウス・スピリット」「バウハウスの女性たち」の上映後に、小崎哲哉さん(ジャーナリスト/アートプロデューサー)と髙木毬子さん(同志社女子大学准教授/グラフィックデザイナー)のお二人に、「第一次大戦とスペイン風邪がモダンデザイン&抽象美術に与えた影響」というテーマでお話をいただきました。
バウハウスがドイツで誕生した意義、第一次大戦がその後の時代に与えた影響、バウハウスで活動した人々が残したものなど幅広くお話をいただきました。